© 2013 absurd_higuchi 6874875310_08e94c09e6_b

今年期待のガジェット3選

前回、前々回と2012年を振り返ってきたわけですが、じゃあ2013年はどうなるの?

 

ということで、まあ2012年も様々なガジェット達が現れ、そして消えていったわけですが、今年もそのサイクルは続いて行くと思います。そこで今回は、個人的に今年期待しているガジェットを取り上げてみます。
ジャンルに一貫性が無いですが、そこはご愛嬌で。

 

1,iPad mini with retina display

gallery2_2256
まあこれは今年の大本命でしょう。確率は100%と言い切っていいですね。
今現在のモデルも飛ぶように売れていますが、businessinsider.comによると、なんとこの次期iPad mini、第一四半期発表との噂もあるようです。しかし個人的にこれは無いと思っています。だってその時期でもまだ売れてそうですし、半年サイクルはいくらなんでも早すぎるんじゃないかと。iPad第四世代の発売は半年サイクルでしたけどLightningケーブルの規格統一という理由がありましたからね。しかし順当にいけば夏頃には発表されるような気がします。

 

2,ableton live 9 + Push

tour-gallery-01-push

音楽関係で恐縮ですが、これは期待せずにはいられません。
ableton liveといえば、daft punkやdeadmau5,最近ではskrillexや僕が使っているDAWとして有名です。
音のパーツの切り貼りやループの扱いが超快適なので、ブレイクビーツ、テクノなどダンスミュージックに向いているシステムなのです。
それがメジャーバージョンアップ、さらにPushという名前の専用MIDIコントローラーも発表。これがトレーラー映像を見る限りめっちゃ面白そう。

このPush、DJでも使えるとは書いていますが、これはフェーダーが無いので期待薄でしょう。あとlive 9の64bit対応もうれしいところ。マストバイですね。

公式ページ

 

 

 

3,KDJ-ONE

20120123-kdj-one

これはCyberStep社より発表されたモバイルオーディオワークステーションと呼ばれる自己完結型作曲デバイスで、僕は一昨年の発表以来ずっと期待していたものです。しかし発売は延期を重ね、結局2013年春まで待つこととなってしまいました。
まずこの見た目がいいですね。ガジェット感が半端じゃない。明らかに任天堂のあれを意識していますが、十字キーって任天堂の特許があったような。大丈夫なんでしょうか。実用性より見た目とコンセプトが気に入ってるので、がんばってこのまま発売して欲しいですね。
このKDJ-ONE、一昨年のうちに発売していればそれなりの成功を納めたんじゃないかと思われますが、iPadでも高性能なDAWが出てきている今、果たしてどこまで受け入れられるのか、そもそも本当に発売されるのか、気になるところです。

公式ページ

 

トレーラーはこちら。

 

 

以上、今年も面白い1年になりそうな、そんな予感がする期待のガジェット3選でした。



Share this post

よかったらこの記事を共有してください^^






 

Post a Comment (You can use Facebook or Twitter)


Author : HiGUCHI
Profile
Twitter
YouTube
BandPage
ファッションブランド「ABSURD」のサウンドクリエーター。 兼WEBデザイナー。仕事柄在宅作業が多いため、ブログやYouTubeで外界と繋がろうとしている。



All content is © 2021 by
HiGUCHI (absurd) JOURNAL.
All rights reserved.